withmammy 厚木

ブログ

第2回 ままカフェあつぎおやこ食堂

2021.08.01

こんにちは

With Mammyサポーターの岡石えみかです

 

今日は3月からちょっと間が空きましたが

2回目のままカフェあつぎおやこ食堂開催しました!!

 

こんな時期だからこそ
オンラインでもママ同士が繋がり

そして子どもも楽しめるイベントを!

という趣旨に賛同くださった
厚木市の飲食店、かん助さまの
キッチンを使わせて頂き
朝の10時から総勢11人の
有志達の協力のもと💓

 

 

55食のお弁当を作りました!

 

子ども食堂に興味のある方

ご縁でお繋がりした方たちが集合

 

「初めまして」の状態から

見事なチームワークを発揮した
お弁当作りチームと

食材配布品の袋詰めチーム

 

 

それぞれが一丸となって

準備をしました

 

今回も

場所の提供は、かん助様・プロミティカフェ様・食の市様・金子ストアー様!

 

食材は

落合農園様・JA睦合支所様・オギノパン様・フードバンクあつぎ様・フードバンク神奈川様・牛肉の高橋様

 

裏方支援は

リンクボール様・プロミティカフェ繋がりのボランティアスタッフ様方

 

 

たくさんの、ママ達を笑顔にしたいという思いを乗せて

このおやこ食堂は開催されています!

 

 

本当に

本当に

多くの方の優しさで開催できている

 

幸せとありがたい気持ち

いっぱいになってしまいました

 

 

そして参加者様の

「美味しい!」「楽しかった」とのお声と

おやこの触れ合いができた満面の笑みを
拝見することができ

 

ひと時の楽しい、親子のゆとり時間を作ることができたかなと

スタッフ一同嬉しく思っています💓

 

 

普段から家事や仕事の追われる主婦(主夫)の皆さん

あなたは、一人じゃないみたいですよ♡

 

大変だな、しんどいな

と思っているかもしれないあなたへ

差し伸べられた手があります

 

どうか

どうか

差し伸べられた暖かい手を

取っていってください

 

 

スタッフ一同、あなたの子育てを応援するべく
全力であなたの子育てをサポートしたいと思っております!

 

次回は10月開催予定となっています!!

公式LINEご登録で優先的に
先行予約案内をお送りすることができますので
ぜひご登録くださいね☆

 

公式LINEはコチラ→https://lin.ee/l55pZUY

 

【以下、順不同、敬称略】

協賛

フードバンク神奈川

フードバンク厚木

オギノパン

JA睦合南

牛肉の高橋

日本酒バル かん助

 

協力

青空と大地 食の市

PROMITY CAFÉ

シャディサラダ館厚木三田店 金子ストアー
プロミティカフェ繋がりのボランティアスタッフ

後援
リンクボール

各サービスに対するお客様の声📣

2021.07.18

<家事代行ご利用のお客様のお声>

M様(ご利用歴4年)

お掃除をお願いしてから、ストレスが激減し、心に余裕が出て子供に大らかになりました。
仕事にも以前より集中出来るようになりました。
お願いして本当に良かったです。
心から感謝してます!
 
N様(ご利用歴4年)
 
お掃除の神です��いつもピカピカにして頂き、ありがとうございます�
 
N様(ご利用歴4年)

まるでホテルのような仕上がりに大満足でした!
疲れて仕事から帰ってくると、とても癒しになります!!

 
 

<作り置きご利用のお客様の声>

 
I様(ご利用歴2年)
 
料理を作るのが苦手で1品作るにも時間がかかるのですが
2時間でたくさんの料理を作って頂き、本当に日々助かっています。
手際よくてすごいな~といつも感心してみています☆
 
 
Y様(ご利用歴4年)
 
細かいわがままもしっかり聞いてくださり
我が家の好みをしっかり把握して対応してくださいます。
 
 

<ベビーシッターご利用のお客様の声>

 
S様(ご利用歴1年未満)
子供の目線でお話をしてくれたり、子どもに寄り添って
しっかり話を聞きながら、遊んでくれるからなのか
人見知りのわが子がすぐ懐いてさすが、プロ!と思いました(笑)
 
 

<ちょうわコミュニケーションスクール受講者様の声>

 
こちらのお客様の声は専用HPから詳しく見ることができます
 
K様(ママ向け講座受講)

子育て・家族・旦那喉の悩みにも一緒に向き合ってくれるのがこのコースの魅力だと思います。

 
 
H様(ママ向け講座受講)

子供と向き合う前に、本当のネックである夫婦の在り方や自分のことを見つめる機会を与えてもらいました!!

 
 
K様(ママ向け講座受講)
 
一つ一つ抱えているモヤモヤを、紐解くように進めていってくれたため、自分の悩みがここなんだと理解できた!

With Mammy 山田啓子のヒストリー

2021.07.18

こんにちは!

今回は改めて、私の人生ヒストリーをつづりたいと思います。

生い立ち、なぜこの仕事をやろうと思ったのか
とても思い出したくないことも赤裸々に書いていますので(笑)
ちょっと長いですが、お読みくださいませ🍀

そして少しでも多くの「我慢しているママ」が自分自身の子育てを
楽しめる環境を作るきっかけに繋がれば良いなと思います。

<自己紹介>

神奈川県厚木市で、家事代行やベビーシッター、育児相談など
ママたちがゆとりをもち、笑顔で子育てが出来るように心と環境を整える
子育てコンサルタント、山田啓子と申します。

独立起業して3年、家事代行や育児相談等のサポートは1500回以上に上ります
家事代行についてはクライアント数は多くはないですが、
3年間継続してくださっているお客様が多く90%はリピーターさんです。

子育て相談サロンままカフェという、ママの子育て相談コミュニティも3年以上開催しています。
毎月2~3回、通算3年で100回以上、ママ達に役立つ内容の講座や、イベント、相談会などを開催しており
その中でママ達の子育ての相談をお聞きし、ママ達が少しでも心が楽になるようにケアをさせて頂いていました。

最近ではよりママや家族のお悩み解決に向けて、育児カウンセリング
親子や夫婦の会話が5倍楽しくなるコミュニケーション講座などをしています。

そういった活動は、地域のフリーペーパーやタウンニュース、市の広報誌、TVKなどに取り上げられてまいりました

 

<私がこの仕事を始めたわけ>

「私はお母さんが嫌いです」
私は長野県の小さな村で、母子家庭で育ちました。

 

物心ついたときには祖父母の家で暮らし、しかも精神疾患持ちの叔父との5人暮らし
母はいつもイライラしていて、忙しそうで、私は幼心に大変そうだなと感じていました。

割と子供に自分のやり方を押し付ける母で、あれは良い、これはダメと母の思うレールに沿って生きてきました。
いつも母の機嫌を伺ったり、困らせないように、母が少しでも楽になれる様お手伝いなどしていました。

そりゃ母親一人で子どもを育てるのは、とても大変なことだと、子どもを持った今は思います。
そんな子育てや仕事を頑張っていた母の、唯一の楽しみは今でいうママ会でした。
昔からママ同士、お話する場所は重宝されていたんだなと思います。

日々頑張っていた母でしたが、会社の倒産、転職、転職先のいじめと苦労が続いてしまい
私が高校生の頃にうつ病を発症しました・・・

もともと母は、そんなにコミュニケーションがうまくなく、人に流されやすかったり
自分の想いを伝えることがとてもヘタな人で、いつも人間関係で苦労していました。
なのでいじめの標的にもなってしまったのでしょう。。。

高校生の私は、うつ病なんて少ししたら治るでしょ。さっさと元気になってよ。
私に迷惑かけないでほしいとか、お母さんのせいで希望の進学校に行けなくなった
ホントは音大に行きたかったのに、家計の為に働かなくちゃいけなくなった。
なんで私は思うような人生を送れないんだろうと、母を面倒に思うようになりました。

 

そんな母にコミュニケーションをちゃんと教えてもらえず育った私はやはり
小学校中学校の間、既定路線でいじめにあいました。
貧乏だったから、見た目や服装もダサかったし、私さえよければすべてよしという考え方だったので
周りから見たら、異質な存在だったんだと思います。

 

あとうつ病になった母は、昔から過干渉でしたが今まで以上に私に執着してくるようになりました。
私の行動や持ち物にものすごく関与してくるようになり
酷い時には私が出かけた際に、部屋に入り引き出しを漁り、問題になる物や事はないか
日々チェックするようになったり、行動を制限するようになりました。

母の価値観以外の事はしてはいけない、私の考えはすべて間違っている
幼いころから洗脳され続け、さらにいじめで精神を抑圧されていたこともあり、
次第に私はあまり自分の意見を言わなくなり、自分の考えや想いにふたをして考えないようになりました。
高校に進学して、いじめはなくなりましたが、あまり人と深く付き合うことに抵抗があり
人とは表面上、楽しく付き合うが本音は言わない、心から信用して付き合うことを無意識に避けていたかもしれません。

そんな私が、社会人になって、多世代のいろんな価値観を持つ人と触れ合う中で
「私の考え方や行動っておかしい?」と思うようになりました。
むしろ、私がおかしいのではなく、偏った価値観の我が家がおかしいのでは?

ちなみに私には

毒親の影響で、人と話すときに
異様に緊張して言いたいことを
押し込めてしまう!

また、人が不愉快になる
言動というのが分からなく
自分がおかしいという意識がない!

という、致命的な欠陥があったのです💦

今まで自分の常識と思っていたことが
全く通用しない世の中に放り込まれ
あ、うちっておかしいんだなと気づくのです。

周りの人が、幸い良い人たちが多かったので
そういうところを、注意してもらいながら
コミュ障を少しずつ改善していけたので
私は本当に運がよかったんだろうなと思います!!

 

ただ、家族の呪縛に
気づいてしまった私は、家族への信頼がどんどん失せてしまい、このままでは私の人生は親に吸い取られる
そう思った20歳。逃げるように上京しました。

 

<合コンクイーンだった20代>

母の呪縛から逃れた私は、某超有名企業の工場勤務を始めます。

いわゆる普通の一人暮らしができた私は、工場で女友達をたくさん作り楽しい毎日を過ごしました
ざっくばらんな人が多く、相手から話しかけてくれることが多かったので
わりと人とコミュニケーションが苦手な私でも
受け入れてもらえて、そこではあまり気を遣わずに話すことができていた気がします。

特に親友となったMちゃんとはほんとに気が合い、毎晩一緒に飲み歩き朝帰り(笑)
そのまま仕事に行くなんてことはざらにありました。
酒臭いまま仕事してたりw

プリクラを取りに行ったり、夜通しカラオケもしたり、だれにも束縛されない毎日を謳歌しつつも

ダメダメ女子路線まっしぐらでした!!

おそらく、家庭環境が良くなかったので人のぬくもりに飢えていたんだと思うのですが、合コンにも参加しまくり!
そこではなぜか??なかなかのモテ女っぷりでして(笑)

そこで男性と話しているうちに、どのように言ったら人が喜ぶとか
悲しむとか、思い通りに動かせるのか、
この時にものすごく体感しながら学びました!

言い回しや行動一つで
面白いくらいに、ころっと落ちるんですよ(笑)

私のコミュニケーション力の原点はここだったのかもしれません。

この工場勤務を経て、自分自身に自信が持て始め
人との関わり方が上手になってきたな~と実感したのでした。

 

<結婚そして出産>

 

紆余曲折あった私も、素敵な男性と知り合いお付き合い1年を経て、結婚することができました。
趣味や考え方も良く合い、収入も安定していて、この人ならきっと暖かい家庭を作れるんだろうと思いました。

そのころ私も仕事を転職し、リクルートのタウンワークを作る仕事につき、毎日遅くまで残業をすることが多くなりました。

お互い日付をまたぐ日もしばしば。
それでも家事は私の担当で、旦那はほぼ何もしない。やってもらって当たりまえ。
やってほしいというと理不尽に論破をしてきて、なぜか結果私が悪くなるという。

圧をかけられると、思考回路がストップしてしまい、なかなか言いたいことが言えない
私だって仕事してきて疲れてるのに・・・
お互い協力してやることも大事じゃないだろうか・・・

そんな想いもありましたが、私は自分が我慢すればいいんだろうと、言いたいことを言えずふたをしてしまっていました。

せっかくコミュニケーションに自信が持ててきたのにもかかわらず、心の根っこにある負のループが蘇り
本音を言えない、私のいう事は間違っているかもしれない、そんな過去の呪縛がここでも発揮されてしまったのです。

 

その影響は子どもを出産してからも。
多少は子どものお世話や、家事もやってくれてはいましたが
相変わらず旦那の仕事は忙しく、実家は遠かったので私はワンオペ。

私はワンオペの事は非常に苦しかったことばかり覚えています。
楽しかったこともあったけど、今現在も旦那への恨みつらみが心の奥にあります。
それは、おそらく思いをきちんと伝えて解決してこなかったことに問題があると思っています。

産んでからは自分の想うように自分の好きなことをするという事はできなくなったし
子供の成長は楽しくて、こどもがかわいくて仕方なかったけど、実際睡眠不足で疲れていました。

出産ギリギリまで働いていたこともあり、近所に知り合いもいないし、近所の児童館に言ってもなかなかお友達になれるような人がいませんでした。
支援センターに行っても、すでにママグループができていてなかなかそこに入ることは難しく、子育ての話をできるという訳でもありませんでした。

子育ての本を読んだりして、その通りにお世話してみたり、本の通りにやってもなかなかうまくいかないことも多く不安も多かったです。

そのたびなぜうまくいかないのか!とイライラして子どもにも八つ当たりをするし
精神的に追い詰められる感がとてもあり、本当に気持ちがしんどかったです。

子育てって一人でやるには荷が重く、頑張りすぎると精神的に参ってしまうなんて誰も教えてくれませんでしたしね。

その辺りの問題を旦那に伝えると、論破されたり怒られるのではないかと我慢をしていたのです。
真剣に話し合うとまた論破されて嫌な思いをするだろうからもういいやと💦

でも、一人で頑張るのもやっぱりしんどいから、ついつい怒って想いを伝えてしまうので、
関係もギスギスする始末…

そんな中で上の子が7か月~10か月の3か月にわたり、壮絶な夜泣きをするようになり、夜眠れなくなりました
昼間も神経が張ってしまって眠れない日々が続き、心も不安定だしイライラするようになりました
夜中泣いているのに、旦那は全然起きないで子育てを人にまかせっきり。

ただでさえ仕事で家にいないし帰りは12時くらいだし
子育ての話もできないし、疲れてるからって気を使って寝かせてるけど・・・
少しくらい気にしてくれたっていいだろー!!
こっちも初めての育児でよくわからないし、疲れてるし、眠いし
どうしていいか悩んでて助けもいないしメンタル爆発するよ!!

そんな心理状態に陥り、旦那に当たり散らしたり、子どもも叩いたり💦

 

私も夜中寝たくって、旦那をたたき起こして子どもを見ろというんだけど
旦那に任せるのがどうしても不安で子どもを取り返したり
自分は寝たいんだけど、子どもがどうしてるか気になるし
でも離れたい気持ちもあるし、旦那もちゃんとやれ!って思うし

もうよくわからない状態。。。鬱状態だったのだと思います。

そういった中でも、私がおかしくなっているのに、構わず仕事遅く帰ってきたり
気軽に飲みに行ったり・・・私はできないのに。
早く帰ってきてほしいという願いもむなしく朝帰りだったことも。
一緒に子育てをして、不安を共有して、子育てに一緒に取り組んでほしいだけなのに、なんか母親任せ…

なんでそんな普通のことも分かってもらえないんだろう
人が何でこんな風になっているのかを理解しようとしないんだろう?
俺は金稼いできてるんだからいいだろと思っているのかなと感じることも・・・
もちろん仕事をしてきてくれてお金を稼いでくれて、感謝ではあるんですけどね。

その時は、本当に旦那が憎くて仕方なかったです。

イライラする、愛情度も下がる一方(笑)

本人は手伝ってるつもりなんだけど、痒いところに手が届かないというか
言わないと手伝わないというような状態で、でも手伝ってというのもこちらは気を遣うし。。。
状況を察して、率先して動いて子育てに自ら参加するという姿勢が欲しかったなと今振り返ると思います。

せめて早く帰宅したときだけでも、お互いを思いやり、お互いを助け合い
変わってしまった環境の中で一緒に子育てを自分事にとらえてやってほしかったなぁと…

なんで当たり前のように私だけが苦労しなくてはいけなかったんだろう・・・
旦那だって仕事で大変なのはわかるけど、未知の世界で最初から一緒に戦ってほしかったなって思います。

当時は、旦那だってよくわからない状態でどうしていいかわからなかったんでしょうけどね。
こういうことを教えてくれる場所ってなぜなかったんだと思います。

 

結婚して14年経った今も、あの頃の憎しみは、心の奥底にあります。
ほんと、離婚してもおかしくなかったというか、いまだに腹が立つことなんかありますが^^;

でも、この仕事をするようになってからは、子育てやパートナーシップを学ぶようになって
親子夫婦の関わり方がうまくなったと思います!

子どもを対等に見てお話できるようになったので、相手も私を信頼していろいろ話すようになったとか
昔は旦那に言いずらかったことも、私自身の心も大事!!と思って言いたいことを思い切って伝えるようにしたり☆

旦那の本質はあまり変わらないけど、私の言葉が変われば相手の行動も変わるんだなと思っています。
本当は早い段階で夫婦で子育てや家事の事はもちろん
価値観の違いをすり合わせたうえで子育てに向かえるといいと思います。

そうすれば、産後に起こりうる問題が、上手に乗り越えられるからです。

 

私がなぜ旦那に言いたいことが言えなかったのか?
親にお前は間違っている言われたこと、コミュニケーションをしっかり教えてもらえなかったことに尽きると思います。
またいじめられたことで、言いたいことにふたをして、自分が悪いと耐えてしまう事。
いうと嫌われるとか怒られるとか、トラウマがあって言えずにため込む癖がついていたのだと思います。

必要以上に自分が我慢すればいい、自分が悪いんだと思うことで、平穏を保っていたからです。

 

<私のような人を増やしたくない>

私の場合は生い立ちも極端なのかもしれませんが…

過去も子育ても苦労したした分、人が子育てで大変な思いをしているのを見ると手を差し伸べたくなります。

私がこの仕事を始めたきっかけは

下の子が産まれて3年くらいしたときに、
ネットサーフィンをしていたら産後ケアリストという資格を発見しました。

産後のママの子育てを心身ともにサポートできる資格でした☆

私の生涯かけてやる仕事はこれだ!と思って
6か月間月一回日曜日に1日かけて勉強に行って資格を取りに横浜まで行きました。
無事資格取得はしたものの、その先の資格取得後の就職先がなかったのです!!

一度、家事代行業者に入ってみましたが
自分の想いとやらなきゃいけないことの内容が違い思い悩み・・・

いろいろ考えた結果、「そうだ!起業しよう!!」となったのです。

しかし1パートだった私に、ノウハウなどない・・・
調べて都内のあちこちの経営塾のようなところをさがして体験会に参加していました。

そうするうちに家から徒歩5分のとあるマッサージ店のオーナーさんが
経営塾のようなことをされているのを発見し、起業のノウハウを教えてもらう事になりました。
プラス、子育て相談サロンままカフェをそのサロンでやらせてもらい、ママたちの居場所作りも同時に始めたのです。

家事代行も、もちろんママたちの心のゆとりを作る、とてもやりがいのある仕事でした。
しかしやっていて、いろんなママとお話するうちに
産後起こる問題って、産後の事を知らなすぎるからじゃない?
旦那さんとのイザコザって、きちんと夫婦間のコミュニケーションが取れてないからじゃない?
そもそも夫婦も親子もそうだけど、コミュニケーションの取り方って学んでなくない??

そこさえ学べば、おおよその問題って解決してくるのではないかと確信をしました。

そこで、次のステップに進むためにコミュニケーションやコーチングを学び始めました。

 

<自分ちの危機>

実は結婚して14年目に、最大の危機が起きました。

このコロナで、家庭環境に変化が出て、旦那が家にいるようになりました!
私は旦那の面倒も見なきゃいけない上に、旦那の愚痴まで聞かなきゃいけないし

でも、自分も始めた事業を維持しつつ進化させていきたいのに思うように進められない。

旦那も仕事への不安からか、子どもに理不尽に起こる始末で、家庭がぎくしゃく
子どものメンタルが不安定になり、髪も抜けるくらいの家庭不和が起きました・・・

 

今まで私が我慢して何も言わなかったことのツケがここにきて大爆発したのです。

このまま子どもにも我慢を強いるのは違うのではないか??

今日までカウンセリングやコーチング、コミュニケーションについて学んできていた私が
本領を発揮するときが来たのかもしれません。

邪魔だったのは自分が我慢すればいい、言いたいことにふたをしていればうまくいく
表面上でなんとなくうまくいかせていればいいという、間違った価値観。

子どもの為に、今私が変わらないと、この家は崩壊していまう。と一念発起!!

自分自身、片親で育ったからわかるのですが
やっぱり両親が揃っていたほうが子どもの可能性は広げられるし
子どもが安心して成長していける
ママがニコニコ笑顔でいられる家庭がやっぱりいい!
せっかく結婚したんだから、夫婦が素直に話し合える家庭で会ってほしい

もちろん、片親でも自立して、しっかり子どもを育ててる方も多いかもしれません。

でも、やっぱり子供からしたら、仲良くしているお父さんお母さんを見ているのは本当に嬉しいものです。
せっかく結婚したのだからみんなで幸せになってほしいと私は思います。
一番身近に、一番自分をわかってくれる安心感を作っていけたら、最高の家族が作れると思います。

私は夜中12時から3時間、みっちり旦那と話し合いました。
話したというか、相手の話を聴きました。
どう思っているのか、なんてなかなか聞ける機会がなかったと思います
私が怖くて避けていたのもありますが。

聞いて聞いて、相手の想いが分かってから、私の思っていること、価値観のずれを修正していきました
旦那には旦那の思い込みがあるので、私はこうしてほしいと伝えないとわからないんだなと知りました。

結果、お互いを理解しあい、
自分が言いたいことを伝えられたり、本音を話せたことですごくスッキリし
そこから旦那との関係が良くなりました。

どこかにまだ期待をしていた自分がいたことも事実で、気持ちを旦那にわかってほしかったんだろうなと。
でもまた裏切られたりがっかりしたくないから、あきらめていたんだろうなと思います。

いやでも怖くても、聴くという事から始めて、ちゃんとコミュニケーションを取ると
ちゃんと前に進むこともできるんだと身をもって体感しています。

今は子どももとても安定していて、子どもとの会話もしっかり聴くことで信頼関係が作られています。
もうすぐ中2になる息子は、全然ママべったりです(笑)

だから今、旦那との関係がイマイチで、子どもにもつらく当たっちゃっていて・・・
と言うような方には、コミュニケーションから家庭を変えることを考えてみてほしいなと思います。

親子はもちろん、夫婦の関係も良くなっていくと思います。

1つでも多くの家庭が、お互い我慢をして過ごす空間ではなく
笑いあって、信じあって、居心地の良い家庭に変わるように
私は全力でサポートしたいと思っています。

「お母さんが嫌いです」「お父さんが嫌いです」「旦那が嫌いです」
そんな悲しい方向に向かわないように!

ママ自身が子育てを安心してすることができ
将来、自分の人生って最高だなっと感じてもらえるように!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

☆☆☆☆☆

With Mammyの家事代行・ベビーシッター

コミュニケーションから家族を変える!
ちょうわコミュニケーションスクール

オンラインサロンネウボーランド

 

 

 

 

 

 

 

 

よこはま・あつぎ!2つのリアルままカフェが始まりました!!

2021.07.10

みなさん、こんにちは!

いよいよオリンピック??

いやいや、緊急事態宣言??

まんぼう??

 

なんだかもうわからない世の中ですが・・・💦

 

そんなのはどこ吹く風!!

厚木と横浜で、リアルでママ同士が繋がれる場所

ままカフェあつぎ

ままカフェよこはま

が始まりました!!!👏

 

どちらも3密対策はさせて頂き

安心して参加できるように
人数制限もしています🍀

 

ままカフェよこはま~♪

骨盤ストレッチとベビーマッサージをやりつつ
ママ達とのゆる~いトーク時間💓

めちゃめちゃ癒される1時間半でした🍀

そして!

ままカフェあつぎ~☆

こちらは7月産まれちゃんたちのバースデーパーティーです✨

クラッカー工作・親バカ自慢大会・手形足型アート
オリジナルブースでの写真撮影と
盛りだくさんで、参加者様みんなですっごく盛り上がりました!!

みんな、やっぱり対面でお話をする場所が欲しいんですね!!

定期的にやってほしい!

やっぱりリアルのおしゃべりって楽しい!💕

みんなの一体感や繋がる感じが嬉しい!!

とかなりの大反響!✨

もちろんオンラインはオンラインの良さがあって

家から気軽に繋がり、移動時間も気にせず
お天気の心配もなく全国と繋がれるという
メリットも沢山あります!!

両方をうまく利用しながら
このコロナ禍の子育てを
上手に乗り切って頂ければと思います!!

あつぎ・よこはまスタッフ一同、次回も頑張ります!!

ちなみに、ままカフェしんゆりもあります!

こちらでも7月17日にリアルイベント
「芝生でラジオ体操&多世代交流」があります!!

イベント詳細はこちら➡https://www.withmammy.com/events/event/tasedaikouryu/

川崎市麻生区近郊の皆さん!

ぜひ朝から元気になりに行ってくださいね🌟

新ゆりアートパークス

次回のままカフェあつぎは8月6日。
8月産まれちゃんのbirthdayParty!

詳細はこちら➡https://www.withmammy.com/events/event/%ef%bc%98gatubirthday/

ままカフェよこはまは、8月27日。
骨盤ストレッチと、自然のものでアートを作ろう!をテーマに
ワークショップ予定です!!

詳細は近日公開!!(笑)ちょっと待っててねw

先行予約も受け付けているので
公式LINEからお申し込みもOKです!!

8月横浜イベント参加でメッセージ送ってくださいね!!

 

今月のイベントも!来月のイベントも!!

皆さんのご参加お待ちしておりま~す💓

 

「孤育てママ」を救ってママの笑顔が家族みんなの笑顔になるように

こんにちは!

今回は、私たちの活動への想いを、簡単ですがお伝えさせていただきます!!

近年、核家族が多くなり夫も仕事で帰りが遅いため、
一人で家事育児をする「孤育て」をする人が多くなっています。

また、共働きというライフスタイルが増えているのにも関わらず、
家事や育児の担い手は女性のほうが多く、
子育てに家事にと気の休まるときがなかなかなくて、

誰かに手伝ってもらいたいけど、
誰かに頼ることに罪悪感を持ってしまい、いつも一人で頑張りすぎて
子どもとゆっくり向き合いたい・精神的に余裕のある生活がしたい・自分の時間を持ちたい
と思うことが難しいママも多いのが現状です。

それがママたちの心を蝕んだり、望むキャリアアップへの歯止めにもなっていると思います。

さらに、その結果、ママが精神的に参ってしまったり、
夫婦仲にも影響してしまう虐待やウツ・離婚などの悲しい結果になってしまうこともあります。

私も10年前、精神的に不安定な時期がありました。
典型的なワンオペ家庭。仕事と子育てと家事をすべて一人でこなすことに疲れ果ててしまい
とにかくイライラする、子育てに不安を覚える、子どもと関わりたくない
一人になりたい、子どもに手を挙げる。。等々

実家も遠かったため、頼るところがなく
本当に苦しくつらい時期を過ごしたのは今でも忘れません。
おそらく産後うつだったのかもしれません。

そのころ、気軽に頼れるところがあったら子育てってもっと笑顔で出来たのかな?
もしかしたら子育てがもっと楽しい記憶になったのかなと思います。

今も、昔の私と同じように自分を追い詰めてしまっている人はたくさんいると思います。
しんどい経験をしているからこそママたちの心に共感でき、何をしたらいいのかがわかります。

子育てを楽しむには、早い段階で子育てを学び、知ることがとても重要と考えています。

1人でも多くのママたちが笑顔で子育てができるようにサポートしていきたいと思い、
オンラインコミュニティー「ネウボーランド」を立ち上げました。

是非、一度私たちにご相談ください。

子育て中や子育てを終えたママたちが、
家事の負担と暮らしに悩みのない笑顔で輝ける毎日をお手伝いしたいと思っています。

産前から産後・学童期まで切れ目のないサポート
「ネウボラ(フィンランド語で“相談の場”という意味)」を基にした
産前産後サポートで ママの心を軽くし、
子どもとママが健やかに暮らすために、全力でサポートをしてまいります。

★産前産後の子育ての不安解消と子供のより良い成長のために
ママとパパが一緒に学び、夫婦のパートナーシップを深めて
家族みんなを笑顔にするオンラインコミュニティー

「ネウボーランド」

公式LINEにご登録頂いている方は
ネウボーランドの全容がわかるサイトを
見ることができますよ☆

公式LINEはコチラ

その他にもお役立ち情報や
お得な情報も配信しています☆

自分の子育てを楽しくしたい!
そんな方はぜひ登録してみてくださいね💕

時代はどんどんオンライン化していく!!

2021.06.12

【民生委員さんへSNSのお話ししてきました!】

以前、公民館事業として食材配布を

お手伝いさせて頂いたご縁で

当該地域の民生委員さんから
SNSの使い方について教えて欲しい!
とご連絡を頂きました😊
 
地域での子育てサロン運営について
今後SNSでの発信をしていきたいそうで
 
「山田さん、既に子育て支援の現場で
SNSを活用されているので
きっと色々ご存知だと思って!」
 
と、ありがたい言葉を頂き︎💕︎💕
私でわかることならと
利用事例をお話させて頂きました✨✨
 
 
 
オフラインもやっぱり大事だけど
こうやって、社会全体が
ネットの活用に動いていくことは
 
今後、絶対必要だと思うので
いい流れができていくといいなーと
思いました⭐️
 
そこに少しでも関われたことが嬉しいなぁ🍀*゜
 
お礼にと
美味しそうなお菓子を頂いたので
家族と美味しく頂きたいと思います︎(笑)
 
 

 

With Mammyの公式LINEでは
イベント情報や、お得なサービス情報を
定期的に配信しております。 

ご登録特典として

 
子どもへの関わり方について学べる
子どもとの会話が5倍楽しくなる!
ママの想いが伝わるコミュニケーション基礎講座
無料ご招待特典をプレゼント中!!
 
ご登録はコチラ⇒https://lin.ee/l55pZUY
 
 
 
 

<横浜市の産後ママへ!産後ケアモニター募集

2021.06.10

皆さんこんにちは!!

今日はモニター募集のお知らせです!!

With Mammyが提携致しました

一般社団法人PUREHANAでは
新たに産後ケア部門を設立致しました。
 
産後の身体を休めるといいとされる
2か月間。
 
産後ケアサポーターが
徹底的に!
 
ママが無理なく子育てに慣れていけるよう
身の回りのお世話をさせて頂きます。
 
サポーターは
産後ケアリスト・ドゥーラ・看護師などの
有資格者なので、安心です☆
 
設立記念と致しまして
サポート代金半額!モニターさんを募集致します。
 
<2か月徹底産後ケア モニター要綱>
 
🍀助産師の授乳指導・カウンセラーの子育て相談付き
  産後サポートプラン
 
 2か月プラン(全16回・週2回訪問 各2時間)
 
 初回訪問…産後プランニング+産後ケア
 2回目…産後ケア
 3回目…助産師の授乳指導(1時間)+産後ケア(2時間)
 4回目…産後ケア
 5回目…産後ケア
 6回目…産後ケア
 7回目…産後ケア
 8回目…産後ケア
 9回目…カウンセラー(1時間)+産後ケア(2時間)
 10回目…産後ケア
 以下産後ケア16回まで
 
通常200,000円➡なんと半額の、100,000円!!
 
お問合せ、ご質問等は
公式LINEから➡https://lin.ee/l55pZUY
 
又はコメントを頂ければ
メッセンジャーにてご連絡させていただきます。
 
もしくはWith MammyのHPお問合せフォームより
ご連絡くださいね。
 
6月お申し込み限定の企画となります。
(お申し込みさえ頂ければ、開始月はいつでもOK)
まずはお気軽にご連絡下さいね🍀
 
2人、立っている人、、「横浜市限定 今だけ半額!! ママの産後をバックアップ! 産後ケア モニター募集 家事や育児のお手伝いプラス 助産師のおっぱいケアや カウンセラーの子育て相談も!」というテキストの画像のようです
 
 
 

オンラインでラテアートって出来ちゃうのね!!??☕

2021.05.24

<ラテアートがオンラインで出来るってホント??>

ラテアートってお店で頼んでやってもらうものではないの~??
家で、しかもオンラインで出来るものなの??

私も最初はそう思いました!!

でも、できちゃうんです☕

これは衝撃!新しい!!オンラインてなんでもできるじゃん!!

  

 

今回ご参加いただいたのは小学生のお子様とママさんたち😊

ラテアートは初めて!ラテアートってなに?というお子様のために、ミニクイズからスタート✨

ラテアートチャレンジタイムでは、オンラインでもみんなでわいわいしながらつくりました☕️

ラテアートはコーヒーだけのイメージでしたが、ホットミルクでもココアでも楽しめちゃうので、お子様でも大丈夫なんです♡
.
みんなのできあがったラテアートでお写真ぱちり!

初めてでもとっても可愛いくまさんが完成♡みんなちょっとずつお顔が違って、でもどれも上手!

 

100均で買える道具で、簡単におうちでカフェ気分が味わえるなんて♡

外出がなかなかしずらい今、おうち時間をちょっと優雅な気分にさせてくれます🎵

なので!
また来月も、ママ向けのちょっと凝ったアートを学べるラテアート講座をやります☆

企画担当は、手形足型アートやハワイアンリトミックの先生でもあるAsami先生🌟

講座担当は、前回同様、吉場湊先生💕

日時は6/25(金)10:00~11:00

詳細はこちらからご確認下さいね💕

めちゃくちゃ楽しいよ~~www

子育て家庭サポートプロジェクト「ままカフェパントリー」実施致します☆

2021.05.23

ままカフェパントリーってなんぞや

関係ないけど、なんぞやって、私の高校の先生の口癖でしたw

いまだに気に入って使っている私ですww

ハイ、余談でしたw

さて、本題です・・
コロナ禍になって1年が過ぎ、まだまだ収束の兆しも見えず
苦労されているご家庭も多いかと思います。

そこで、少しでも子育て家庭の力になれることができないか??

子ども食堂も例年のようにできない中で、子育て家庭に寄り添ったサポートはどうすればいいのか?

考えた結果、少しではありますが食材をお配りすることが、一番の支援になるのではと思いました!

名付けて、家計応援企画ですね!

厚木市の農家さん、フードバンクさんのご協力を得て

今回無償で食材をお配りさせて頂きたいと思います🍀

 

子育て家庭であれば、お申し込みOK!

今、現在お配りできるのが

お米・備蓄用パン・水・フルーチェ・缶詰・トイレットペーパー

お野菜数種類・離乳食各種・粉ミルク少し

 

離乳食期のママ達にお渡ししたいレトルト離乳食がかなりたくさんあります!

日程がもし合わない方はご相談くださいね😊

<詳細>

🌟日時:5月29日(土)10:30~12:00(時間内にお引き取りにお越しください)

🌟引き取り場所:With Mammy事務所(お申し込みの方に場所をお知らせ致します)

🌟費用:無料!

🌟定員:20組程度(公式LINEより要予約)

<お申し込み方法>

公式LINEにご登録後、「ままカフェパントリー希望」とメッセージをお送りください。

たったこれだけ!!

追って私から詳細をご連絡いたします📩

公式LINEはコチラから登録をお願い致します☆

横浜進出物語パート3!

2021.05.22

【With Mammyが横浜のママ支援、始めました〜💪その3】

先日、ままカフェよこはまを立ち上げる・横浜市との協業というお話を致しましたが、今日はラスト3つ目のお話☆

(良かったら記事を遡ってみてくださいね^^)

ママ専門訪問看護サポート事業をしている

一般社団法人PUMEHANAさんと業務提携をすることになりました!

この横浜のお話がトントンと決まってきて
さぁ、横浜でサポートを展開しようという際に、このご縁!!
 
看護士や栄養士、助産師がご在籍とのことで
With Mammyのサービスにこの専門家の方々が加わることで
より繊細なサポートを提供することが可能になります!!!
 
母乳指導、産後の栄養指導、病児保育なども対応できそうです!
最強の布陣を整えて、横浜の皆様のサポートが開始されます!
 
あ、もちろん横浜市以外の方のサポートも可能なんですよ^^
(助成は横浜市限定となりますが💦
 
まずは、お気軽にお問合せ下さい!
ニーズに合わせて、調整させて頂きますよ~♪
 
さて、ちょいちょいお問合せも来ている今日この頃!
おひとりずつの状況に合わせ、丁寧なサポートを行っていこうと再度決意をしたこの5月でした^^
 
 
1人の画像のようです
 

With Mammy横浜進出物語パート2

2021.05.19

【With Mammyが横浜のママ支援、始めました〜💪その2】

昨日、ままカフェよこはまを立ち上げるというお話を致しましたが、今日は2つ目のお話☆
横浜市産前産後ヘルパー事業に参画致しました👶
 
産後6か月までの赤ちゃんをお持ちのご家庭にご訪問し
家事や育児のサポートをさせて頂く事業になります。
 
 
With Mammyのやってることの簡易版なのですが
少しでも多くの子育て家庭のサポートができればと思い
一緒にサポートをしてくれる仲間の想いもあって
参画を決めました🍀
 
横浜市からのサポート費助成もありますので
一度、横浜市やWith Mammy宛でも良いので
どんなものなのかお問合せを頂ければ
ご説明させて頂きますので、お気軽にご連絡をくださいね🍀
 
産前産後ヘルパー事業のHPはコチラ
 
一歩ずつ、一人でも多くの子育て家庭の大変を笑顔に変えるサポートを行ってまいります!!
横浜で子育てサポートをしたい!という方も大募集中ですよ💕
 
お問合せはこちらからどうぞ

いよいよ、横浜に進出致します^^

【With Mammyが横浜のママ支援、始めました〜💪】

コロナ禍で、全国的に精神的、肉体的に大変な家庭は、ますます増えていると実感する、今日この頃( ˊᵕˋ ;)💦

そんなご家庭を少しでもサポート出来たら……と願わずにはいられません!

私の使命は厚木から全国へ!
産前から産後まで切れ目の無いサポートをお届けし、ママが笑顔で子育てができる環境を作ることです😊

まずは横浜市でのママサポートが始まり

3つの「コト」が始動致します✨✨

その1つ目が、今日の打ち合わせ💕💕

ママ夢ラジオで一緒だった高岩裕子さんと、野中幸子さんからご紹介頂いた金指佐江子さんと⭐️

このコロナ禍で失われている、ママたちが気軽に相談できたりおしゃべりできる場所として

「ままカフェよこはま」を始めます👏🏻

もちろん3密は避けて、感染対策はしっかり取っての開催とさせて頂きますm(_ _)m

少人数で、お話したりちょっとしたワークショップをやったり、まったりと過ごせる空間に出来たらと考えています!

もし、世の中が万が一の状況になった場合も考え、オンライン版も検討中!

企画次第、お伝えさせて頂きますね✨✨

ゆうこさんチョイスのこのお店のご飯が豪華すぎて、幸せ💞な時間でした(笑)

横浜…都会だのぅ(≧∇≦*)

あ、この店に着くまでに駅構内で迷子になりかけたのは内緒ね(笑)

#ままカフェよこはま
#子育て相談サロンままカフェ
#子育て支援

ままカフェよこはまのイベント情報はHPのイベントページまたは
公式LINEからお知らせしております。

ご不明点はお気軽に公式LINEや、お問合せフォームからご連絡くださいね🍀

TOP